男性の薄毛に関する悩み|薄毛に関する体験談まとめ

男性の薄毛

【薄毛に関する悩み体験談もくじ】
  【42歳公務員】薄毛のせいで息子達に申し訳ない気持ちで一杯
  【45歳 会社員】営業の仕事をしているので見た目は大切
  【40歳自営業】薄毛が進んでいると思われたらどうしよう

【42歳公務員】薄毛のせいで息子達に申し訳ない気持ちで一杯

48歳の役所勤務です。

薄毛になり始めたのは30代前半だったと思います。

大手建設会社に勤めていて、毎日ヘルメットを被っていたことや忙しくなってくると現場に泊まる事も多く風呂に入る事が出来ない不規則で不潔な生活を送っていました。

こんな生活を10年近く続けていれば、ハゲて当たり前です。

それでもその頃は上司が『お前ハゲてきたんじゃねぇか?』と忘年会などで言われているだけで、まったく自覚無し。

酔った上司がからかってるだけだと深刻に考えてもいませんでした。

本格的にヤバくなったのは30台後半でした。

お決まりですが、シャンプーをした後や朝起きた時の枕に付いている抜け毛の多さに気付きました。

髪の毛を搔き上げるとプチプチっと音がする位毛が抜けていきました。

私の場合、ジワジワと進行したと言うよりは、あれよあれよと言う間に抜け落ちっていったと思います。

その後建設会社を退職して、現在の職場に移ったのですが時は既に遅く私の頭髪は残念な事になっていました。

転職を切っ掛けに丸坊主にしてしまったので、私自身は薄毛であっても特に悪影響は無いのですが困るのは家族です。

特に息子達の父兄参観や部活の応援などで息子達の友人の両親に会うと、ほぼ同年代の筈なのですが私だけ老けて見えます。

イケメンお父さんと比較されてるんじゃないかと疑念を抱いたり、息子の彼女を紹介された時、私の頭髪を見て『あーコイツも将来ハゲるんじゃなかろうか?』と思われてしまったらどうしよう?とか、なんと言えばいいのでしょう?息子達に申し訳ない気持ちで一杯になります。

家内の旧友と会ったりするのも、同様に家内に申し訳ない気持ちになります。

一時期だけ発毛剤や育毛剤を使ってみましたが、効果を得られる訳じゃない割に人の足元を見て異様に高額な薬品に頭にきてやめました。

AGAに行ってみたいとも思いましたが、家内が笑って『私は全然気にしてないけど、お父さんが気になるなら費用は出してもいいよ』と言ってくれたので、何か力が抜けてしまい行くのをやめました。

最近はあまり進行しなくなりましたが、私の頭髪は惨憺たる状況です。

【45歳 会社員】営業の仕事をしているので見た目は大切

45歳、会社員です。

職場では営業をしていて見た目には気を使っていますが、薄毛に関しては自分の力で克服するのが難しくかなり悩んでいます。

薄毛が気になり始めたのは30代前半くらいで、年々額が広くなり続けていて今では手のひらと同じくらいの面積になっています。

ちょうど仕事が一番忙しかった時期なので睡眠不足やストレスが原因なのかと思っていましたが、これらが解消されても生え際の後退が止まらないので、遺伝のせいなのではないかと思い始めています。

営業の仕事をしているので、見た目は非常に大切です。人の視線は口元や頭に集中するので歯を衛生的にしたり、髪の毛を整えるのは基本です。

歯の方はブラッシングや歯石の除去をすれば短期間にどうにかできますが、髪の毛の方はドラッグストアで育毛剤を購入して使用したり、育毛シャンプーを使用してもなかなか効果がみられません。

髪が薄くなってくると社内や外回り先でもちょっとした噂になるので、他人の視線が気になりストレスになります。

またエレベーターのカメラのモニターに自分の頭頂部が映し出されると、ずっと見入ってしまいます。

私の育毛対策はドラッグストアの育毛剤などのほかに、入浴時の頭皮マッサージがあります。

この頭皮マッサージは昔NHKの健康番組で知ったもので、毛穴から脂肪分を排出して頭皮に栄養が行き渡るようにする効果があるようです。

私の頭皮はなぜか硬いので、マッサージをしてほぐしても皮脂が排出できているか疑問ですが続けないと不安なので育毛剤と共に継続するようにしています。
現在の薄毛の状況はいまだに深刻なままですが、短髪にすると目立ちにくくなるので一生短髪で生きていこうかと思っています。

きっと近い将来に科学が進歩し良い対処法が考え出されて私の悩みも解決されるのではないでしょうか。

また社内にも薄毛に悩む人が多いので飲み会の席での仲間づくりに一役買っていて、営業マンとしてはプラスマイナスゼロという感じです。

【40歳自営業】薄毛が進んでいると思われたらどうしよう

40歳で自営業をしています。

薄毛が目立つようになったのは、35歳を過ぎたあたりで仕事のストレスで睡眠障害になってから、加速したように感じています。

私の場合、頭頂部はなんともないのですが前髪が後退しています。この前髪の後退は今でも続いているので、鏡でおでこを見るのがなんとなく憂鬱になります。

薄毛であることは他人に影響を及ぼすというよりも、自分に対するダメージが大きい気がします。

知り合いや近所の人はなんとも思っていなくても、自分の心の中で薄毛が進んでいると思われたらどうしようと思うだけで、心拍数が上がるほど不安になります。

自身の毛髪に関する不安というのは、他人にはわからないほど大きなものです。

風呂上がりに鏡を見るたびに薄毛を確認し、床屋さんに行くと髪の毛がもう生えてこないのではと思い悩む次第です。

こんなことを繰り返しているので、ストレスは余計に大きくなり髪の毛の減少が止まらないのかもしれません。

私の育毛対策は当初、ドラッグストアで購入した育毛剤によるものでしたが症状が改善しているように思えないので、動画サイトで見つけた頭皮マッサージを毎晩しています。

またドライヤーも頭皮に良いという最新のものにして薄毛対策をしています。

また有名な育毛シャンプーを使用するようになりました。

このシャンプーで髪の毛が増えるとは思えませんが、髪の毛一本一本にコシが出てきました。

おそらくシャンプーの成分によるものですが、それでも強さが感じられるので良しとしています。

薄毛の状況は現在でも変化ありません。しかし気持ちには変化がありました。

隠そうとすると逆にみっともない感じになるので、薄くなった自分の頭皮をどれだけカッコよく見せられるかというポジティブイメージを抱くようにしています。

薄毛は誰にでも起きうることなので、気にせずに楽しく付き合ったほうが人生が豊かになるのではないでしょうか。

出産後は薄毛になる|産後に抜け毛が増えた経験談まとめ